「Travel」カテゴリーアーカイブ

「Booking.com Cafe」に行ってきたけど、クーポンはハードル高い

「Booking.com Cafe」に行ってきました。

表参道のシャレオツな屋台村の中にあります。

お目当ては3000円クーポンなので、クーポンだけもらって退散。

ただこのクーポンも使用条件があって、支払い1万2000円以上なのはいいとしても、使用期間が8月1日までなのよね。

9月前半までの宿は予約しちゃってるし、8月も長期で出かける予定はない。9月以降も8月1日以降じゃないと全然予定たたないし。

なのでクーポンは使う機会ないかも。

あっ友だち紹介で2000円キャッシュバックはまだやってるので、リンク貼っておきますw

https://www.booking.com/s/34_6/82a1422b

カタール航空 PLATINUMへの道 その5

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)を目指そうというチャレンジ。伊丹往復の特割が意外と安く残ってたので修行。

●羽田→伊丹(クラスJ/特割-C):11890円/10Qpoint
Qpoint単価:約1189円Qpoint
●伊丹→羽田(クラスJ/特割-C):11290円/10Qpoint
Qpoint単価:約1129円/Qpoint

那覇の単価1000円切りにはかなわないけど、まぁまぁのコストパフォーマンス。

ただ全体のポイントは去年のMWCの帰国やらそのあとの沖縄やらのポイントが消滅して、409Qpoint。先は長い……

カタール航空 PLATINUMへの道 その4

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)を目指そうというチャレンジ。バルセロナからの帰国便です。

ちょっと家庭の事情があり帰国日を前倒し。チケットは有料で変更可能なブッキングクラスでしたが、変更したチケットの価格(ブッキングクラス)が違うとその差額も必要。なので往路にプラスして8万1400円。最初に買った往復よりも高い(泣)。

●ミラノ→ドーハ→成田(エコノミー/クラスB):11万7135円/25(ミラノ→ドーハ)+30(ドーハ→成田)=55Qpoint
Qpoint単価:約2129円/Qpoint

ブッキングクラスが上がったので、付与ポイントも多くなったけど、単価で見るとやはり悪い。しかもアップグレードに必要なマイル数も減ったので2レグともビジネスクラスにしようと思ったら、ドーハ→成田は満席でダメ。残念無念です。

これで441Qpoint。結構増えたように見えるけど、去年のバルセロナ帰国が3月4日、5日なので、そのぶんは消滅してしまうから、実質410Qpointぐらいかな。

カタール航空 PLATINUMへの道 その3

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)が目指そうというチャレンジ。実はその2のバルセロナ往路の前にJALで沖縄修行に行ってました。ただJAL国内線だとカタール航空に登録されるのが約1週間後ということで前後してます。

●羽田→那覇(普通/特割-E)/10Qpoint
●那覇→伊丹(クラスJ/特割-E)/10Qpoint
●伊丹→羽田(普通/特割-C)/8Qpoint
合計:3万4880円/28Qpoint
Qpoint単価:約1245円/Qpoint

うーん、それぞれ個別の料金メモっておくの忘れた。
全体の単価は羽田‐中部よりは良い感じか。

で現在トータル386Qpoint。

カタール航空 PLATINUMへの道 その2

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)が目指そうというチャレンジし。毎年恒例のMWC取材でバルセロナへ。ただしドーハ=バルセロナ便はちょっと高かったので、成田=ドーハ=ミラノというルート。

とりあえず往路のポイントがついたので計算。往復で7万1470円。片道分と言うことで半額の3万5735円で計算。

●成田→ドーハ→ミラノ(エコノミー/クラスN):3万5735円/20(成田→ドーハ)+16(ドーハ→ミラノ)=36Qpoint
Qpoint単価:約992円/Qpoint

手軽な羽田=中部よりも単価はよく、やはり欧州に飛ぶのが効率良いなぁ。

というわけで、現在は358Qpoint。前回の345Qpointから13Qpointアップ。なんで32Qpointじゃないのかというと、去年のMWCで飛んだぶんが1年経って失効してるから。ただし去年はもっと下のブッキングクラスで飛んでいるので、Qpointも少なかったため微増というわけです。

ちなみにミラノ=バルセロナはワンワールド所属のIberiaで取ったのですが、Vueling運行の共同運行便だったのでステータスの優遇もなくポイントもつかず、さらに荷物オーバーで60ユーロも払いました……

カタール航空 Platinumへの道 その1

正月明けのCES 2018へアメリカン航空で行ったので、カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)が目指せそうということでチャレンジしてみることに。

ラスベガスから帰ってきた段階で331Qpoint。Platinumは600Qpointで達成です。ANAとかJALとかと違って、初回達成の基準はいつからいつまでという規定はなく、とにかく1年間の期間で600Qpointを貯めること。ただしQpointの期限は1年なので、1年経過すると貯めたQpointは減っていきます。

現在のステータスはPlatinumの下のGold。これは2年目で7月15日が切り替え。3年目のGoldはすでに確定しています。ちなみに、PlatinumとGoldはそれぞれアップしたときと継続したときにアップグレードポイントがもらえます。同年に2段階アップしたときアップグレードポイントが2回もらえるかどうか不明ですが、もらえるとなると3年目のGoldが確定したあとのほうがおトクそう。

なので、Platinumになるタイミングを7月15日以降にします。さらに8月末にはIFA 2018があるので、これをカタールで行くとすると、その前にPlatinumにアップしておきたいところ。

というわけで、8月15日あたりを目標にPlatinumを目指します。必要なQpointは388……1年前のQpointは消えていくので、実質だと結構あるなw まぁMWC 2018もカタール航空で行くので、そこで72Qpointほど入るから、目指すは300Qpointちょいか。

ちなみにカタール航空で最低4レグ(or 120Qpoint)という縛りはクリアしてるので、あとはワンワールド系で貯めればオーケー。まぁ国内で手軽に乗れるJALで貯めるのがいちばんかなと。

んで手始めに羽田=中部国際空港の往復です。

●羽田→中部(普通/特割-C):9300円/7Qpoint
Qpoint単価:約1.3Qpoint/円
●中部→羽田(普通/特割-C):9300円/7Qpoint
Qpoint単価:約1328円/Qpoint

羽田→中部は前日でも特割で安く、フライト時間も短くてラクチンなので、「明日フリーになった!」ってときにフラっと修行出来るのが◎。とはいえこれだけで300Qpoint目指すとなると、20往復くらいしなきゃならない。Qpoint単価は同じくらいの価格で買える沖縄便のほうがいいので、もうちょっと考えないとね。

ちなみに14日の5QpointはAAでダラス→シアトルのやつ。AAはしぶちんですな。

というわけで、現在は345Qpoint。はたしてサトルはカタール航空のPlatinumを達成してJALのラウンジでお寿司が食べられるのでしょうか?

2017年の海外・国内旅行ログ

今年もあとわずかということで、ことしウロウロしたところのまとめ。

1月
●石垣島
片道1万円くらいでANAが販売してたので石垣島に。真冬の石垣島は寒いよ。

●志賀高原
スキー旅行。20年ぶりにスキーウェア買った。

2月
●神戸
店舗とか工場取材とか

●マドリッド・バルセロナ
毎年恒例のMWC。マドリッドinなので1泊。ダリ美術館観に行ったり

3月
●福岡
イベント取材。紙パンツでタケノコはぎに。

●バリ島・香港
久しぶりのニュピ。すっかりワンワールド組になったのでキャセイで行ったため、トランジットに香港。

4月
●バンコク・アユタヤ
実は初アユタヤ。

5月
●台北
日帰りでイベント取材。

●台北
日帰りの翌週、COMPUTEX TAIPEIでまたまた台北。

6月
●沖縄
モバイルプリンスのラジオに出たり

●上海
MWC Shanghaiの取材。都合一泊だの弾丸

8月
●台北
イベント取材。お盆の時期で厳しかったなぁ

●ニューヨーク
行かなきゃよかった

9月
●ベルリン・シュチェチン
毎年恒例のIFA 2017取材。旅費を抑えて欧州滞在ならポーランドを再認識

10月
●幕張
旅行といえるか……幕張取材の連日往復がつらいので……。

●香港・ミュンヘン・マカオ
発表会取材。香港-ミュンヘンが安かったので、香港まではANAのマイル。国内線はJAL派になったし、ANAはマイルでしか乗らなくなったなぁ。

11月
●ソウル
これも取材。ドラム缶焼き肉が長蛇の列で断念。いつになったら食えるかしら……

●ダナン
ベトナムで書籍制作の合宿。ダナンはかなりいいところで気に入った

●那覇
今年3度目の沖縄。北海道に行ってないね。

というわけで2017年はこんな感じ。プライベートな旅行はほとんど無しになっちゃった。18きっぷで回るのも今年はしてないし……旅人的にはイマイチな年だったかも。12月に旅行しなかったのも何年ぶりだろう。来年はスケジュールと予算をしっかり考えて、週末旅行とか多めにしたいところです。

サプライスは安いけど購入後の対応が悪く不便なところも多い

日本発着の国際航空券がかなりお安く買えるので、ここ2年くらい使っている「サプライス」。HISのサブブランドなので、バックボーン的にはしっかりしてるから、安心といえば安心なんだけど、購入後のサポートはいろいろ不満が多い。

たとえば、5月に使ったScootの成田=台北のチケット。預け荷物の重量を増やしたいけど、予約後にeチケットナンバーが送られてこないので手続きできない。

そこで問い合わせてみたときのやり取りが↓

曰く、グループチケットになるのでeチケット番号は教えられないとのこと。しかもサプライス側で事前に手続きもしてくれず、荷物重量の追加は当日チェックインカウンターでしろと。当日だと割高になっちゃうんですよねぇ。

しかもチケット購入時にその記載はない。

で、その次はカタール航空の東京=ベルリンの予約。ドーハでの乗り継ぎが11時間あるんだけど、カタール航空はドーハ乗り継ぎの滞在時間が8時間を越えると無料でホテルと提供してくれるサービスがある。

これは事前に申請が必要なので、カタール航空に問い合わせてみたところ(カタール航空のチケットはいつもeチケット番号くるのでグループチケットではないみたい)、乗り継ぎ時間もブッキングクラスも満たしているけど、旅行会社から購入してるので手配は旅行会社を通してくれとのこと。

そこで問い合わせてみたときのやり取りが↓

曰く、カタール航空がどう言ってるか知らないけど、その世話をするほどの料金はもらってないから動かないよとのこと。

これも書いてあったかなぁ……

どっちの案件も購入後に航空会社とやり取りする手間を断固拒否。そこのコストを省いて安くしてるんだよと。こんな粗利でアフターサポートしてられっか! ってとこでしょうか。

まぁ安いものには理由があるわけで、致し方ないんだけどね。サプライスの場合、購入後のユーザーと航空会社の連絡役はしないと。それならそうで、購入前にちゃんと記載しておいて欲しいな。

というわけで、旅慣れた人ほどいろいろ航空会社とやりとりしたいわけで、サプライスを使う人は要注意です。まぁそれでもオレは安いから使っちゃうんだけどねぇ。

カタール航空会員の年度が切り替わった

本日、カタール航空会員の年度が切り替わった。

今年もゴールドなので、ワンワールド系でそこそこ優遇してもらえる。ありがたや。んで来年もゴールド(上から2つ目)維持には12ヵ月で270Qpoints(以下ポイント)か、24ヵ月で540ポイント貯める必要がある。

昨年は欧州をワンワールド系で4往復(うちカタール航空は3往復)したので、24ヵ月ルールのほうはハードルが低く残り169ポイント。カタール航空で欧州を往復すると70ポイント貯まるので、まぁ2往復ちょっと。IFAとMWCをカタール航空で行けばクリアできそうなので、来年もゴールドは維持できそうだ。

問題は再来年だなぁ。秋か冬にバーゲン出たら欧州飛んでおくかな……。

平渓線と九份に行ってきた

平渓線と九份へ行ってきた。実は台北ばかりで、台北から足を延ばしたのは初めてだったりする。

平渓線は虫除け必須。蚊もいるんだけど、それよ小さな虫に刺されて痒い痒いです。