YouTubeチャンネル登録者数1000人達成したのでその備忘録的なもの

いちおうYouTubeチャンネルの登録者数が1000人越えましたので、その備忘録的な記事をまとめておきます。

1.スタート時期と達成までの期間

もともとYouTubeチャンネルは開設してましたが、基本的には動画保管場所的な使い方をしてました。で、スマートフォンから生配信しようと思ったら、チャンネル登録者数1000人の条件があることを知り、1000人って本格的に取り組まないと届かないよなぁということでスタート。ちなみにその時点ではチャンネル登録者数は50人くらいでした。

2019年10月上旬からコンテンツらしいコンテンツをアップし始めて、2020年6月末に達成。というわけで約8ヵ月ですね。

2.アップした動画の本数

約150本くらいですが、そのうち14本ほどはウェブ記事掲載用の動画だったりします。それとは別にライブ配信を35回ほど行っていますので、コンテンツとしては約170本で21本/月平均ですかね。

ただ割とばらつきがあって、1月はほぼ毎日アップしようとがんばりましたが、意外と動画をアップする頻度が落ちても、登録者数の伸びはあまり変わらなかったので、2月以降は気負わずアップしています。もともとMWC 2020に間に合わせようと思ってたんですが、どうやら無理そうでしたしw

3.何やったら増えた?

上記のようにダラダラと増えてる感じですね。いわゆる「バズった」動画って無かったんですよね。今でも再生回数二桁とかザラだし。一番多かったのは最初に「YouTubeに本腰入れるから、みんな登録して下さい」とSNSへ投稿したときがいちばん増えましたw

んで、次に増えたのが、友人知人の生配信に出て、チャンネル登録してねと宣伝したとき。

ただ、ほかの配信への出演も効果は1回くらい。2回目以降はそんなに増えませんw 自分でやる生配信も、ちゃんとテーマとか新しいゲストとか、イベントとかたててないと、そんなに増えないですね。

一応Google広告にも出稿して、広告として動画が出るようにはしたんですが、そこまで効果はあったかどうか。逆に嫌われたりもしました。みんな広告キライよねぇ。

4.どの動画が視聴回数多かった?

上から順番に1位、2位、3位です。ANAのグランドスタッフコンテストは、今でもコンスタントに視聴者がいます。高評価率も高いし。ありがたやありがたや。惜しむらくはCAさんのコンテストが別取材で行けなかったこと。そっちのほうが人気あったろうな。

逆に2位は再生回数多いけど、低評価のほうが多くてコメントも辛辣。まぁこれが広告で出てきてイラッとしたんだろうけどw ここまで評価が悪い動画はこれだけですね。

3位は事前貸し出しで情報解禁とほぼ同時にアップ。やっぱりこの手のは観る人多いんですね。SIMフリーでしかもミッドレンジだからそんなに注目されないかと思ってましたが。

ちなみに4位以下は1万を越えてません。

5.なんか特別なテクは使った?

一応アドバイスで、途中からチャンネル登録者数を非公開にしました。確かに登録者数の少ないチャンネルはポチッとするのに障壁かなぁと思って。非公開にした翌日2人減りましたけどねw

あとは特にしてませんが、動画の冒頭の方で「チャンネル登録よろしくお願いします!」とテロップは入れるようにしました。アナリティクスで見てみると、最後まで動画観る人って少ないんですよねぇ。だから最後に入れてもアナウンスにならないので、最初に入れるようにしました。

それ以外は特にしてないですね。

6.結局どうすればいい?

よくわかりませんw まぁ地道に動画をアップしていくとじわじわと増えていく感じですかねぇ。スーパーでお金払う前に刺身を食べる動画とかあげなくてもね。地道にやるしかないですなぁ。

チャンネル登録してくださったみなさん、ライブ配信などに出演していただいみなさん、ご協力ありがとうございました! 引き続きよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)