インドネシアは魅力よね商売的に

メルカトル地図で再確認するインドネシアの「大きさ」

また国がこれだけ広大だと(しかも陸続きではなく、ところどころ海に阻まれている)、各地域への人の移動や物の輸送に大変な労力が生じます。とある日系電機メーカーでは商品のアフターサービスの充実に力を入れていますが、やはり地方島嶼部からの修理依頼などには難儀しているとのこと。もしジャカルタのオフィスに「洗濯機が壊れたから直してくれ」という電話がパプア州の中小都市からかかってきたら、そこから壮大な冒険の始まりです。東京から沖縄に行くのとは訳が違います。しかし「できません」とは絶対に言えません。
「インドネシアでモノを売る」というのは、そうした大きなエネルギーを伴う責任が生じます。

国土が広範囲で大変だけど、人口が世界第4位の2億5000万人ってのは魅力よね。あと、自分の知ってるバリ人だけかもしれないけど、みんな新しいモノ好きだし、ちょっと見栄っ張りなところがあって購買欲高いからね。市場としては要注目だと思う。

島国って点も似てるから、日本のインフラ技術が役立つと思うんだけどねぇ。高速鉄道も中国に持って行かれそうだし、政府との交渉は縁と面子重視の中国には勝てないかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)