オイラもここ数年で宿のWi-Fi必須に回帰

トリップアドバイザーから「トリップバロメーター旅のトレンド2016」が発表され、日本でもプレスリリースがでてます。日本以外の旅行者との比較が結構多くて、プレスリリースとか考察記事が結構おもしろい。

世界と異なる日本人旅行者の旅スタイルとは? トリップバロメーター旅のトレンド2016調査/トライシー

でまぁ調査結果にWi-Fiについての記載があって

同様に、世界の旅行者のほぼ半数(46%)、日本人旅行 者の 40%が室内 Wi-Fi の無い宿泊施設は滞在先に選ばないと回答しています。

と、ネットのない宿は不人気な結果に。

スクリーンショット 2016-01-02 7.36.36
実はオイラもここ最近は宿のネット重視に回帰してる。数年前までは宿にWi-Fiあっても遅かったりして、安宿だとあまり使いもにならないケースも多かった。で、なにより一時期は現地プリペイドSIMでも完全定額制があって、テザリングしたほうが宿のWi-Fiより速いってケースが多かったのよね。

だもんで、一時期は宿のネット環境はあまり重視てなかったんだけど、最近は現地プリペイドSIMで定額があるところがほとんどなくなって、モバイル通信では安心してつなげられないので、宿のWi-Fi頼りに戻ってます。安宿でも最近速いしね。

さらに言えば、Wi-Fiじゃなくて有線LANがあるところのほうがウレシイ。ホテルWi-Fiで自前ネットワークが作れますので。

ちゅうわけで、台湾の旅行者向け定額がいつまで続くと良いなぁと願ってますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)