Airbnbで予約したドイツの宿が火事になりまして、別の宿に移ったらオーバーした宿代は自腹になったでござる

IFA参加者とKADOKAWA関係者にはすでに伝わっていますが、実は今回のIFA取材用に予約していたベルリンの宿が到着早々火事というかボヤ騒ぎがありまして、宿泊できなくなりました。

といった感じで、電子レンジでご飯を2回炊いたあと近所に晩飯を食べに行ったのが21時半頃。近所のステーキハウスで肉を喰らい、23時過ぎにアパートへ戻るとなにやらパトカーがとまっていた。

「ベルリンも物騒だね~」なんて話しながら、アパートに入りエレベーターにのって部屋のある階に降りると、自分たちの部屋の前になにやら人影が……よく見ると警察です。

「最近ベルリンはAirbnbの規制も厳しいし、摘発かしら?」と思って近づいていくと、警察官から「火事だよ」と……。

いやぁ~想定外の話しを聞くと「え!????」って声が出るんですねぇw

よく見ると、部屋のドアはぶち破られていて床は水浸しに。どうやら電子レンジが発火したようです。警察官のほか鑑識らしき人がきて写真を撮っています。自分も撮りたかったけど、さすがに写真を撮る雰囲気ではなかった……。

でまぁ警察官にパスポートなどを見せて本人確認したり、状況を説明したり。とりあえずここには泊まれないから、個人の荷物をまとめなさいといわれて、室内で広げていた荷物を片付けます。

幸い被害はキッチン回りだけで、リビングでの放水はなかったようで、テーブルなどに置いてあったパソコンもふくめてすべて無事。ちょっとススがついて、焦げ臭くはなったものもありますが。

買ったばかりのトリニティーのケースもススで汚れたw
買ったばかりのトリニティーのケースもススで汚れたw

荷物をまとめると、昼間チェックインの時にあったオーナーの家族が登場。「どうした?」と2~3こと言葉を交わしましたが、警察から「君たちはこれで撤収しなさい。宿代など細かいことはAirbnbと相談するとして、今晩の宿は自分たちで探しなさい」と言われて現場を撤収。

深夜0時過ぎに焼き出されたわけですw

でもまぁ便利な世の中になったもので、スマホから空き部屋のある近所のホテルをチェック。0時過ぎていたので、当日の予約はできなかったものの、翌日以降は滞在中予約できる部屋を発見。翌日以降は取材続きでホテルが決まっていないのは仕事的にまずいだろうと、キャンセル不可で割安だったこともあり宿を予約(←実はここが失敗)。

さらにそのホテルへ行って確認すると、幸い当日の部屋も空いていたので、翌日以降の予約とあわせてこのホテルに宿泊することになりました。

とりあえずホテルの部屋で落ち着いてから、Airbnbへメールフォームで現状を伝えて就寝。3時間ほどして起きたものの、Airbnbから返事はないので、なんとか電話での問い合わせを探し出して連絡しました。なぜあんなに問い合わせの電話番号は深いところにあるのか??

ひとまず電話で現状を伝えると、しばらくしてメールで担当から返信がありました。ここで問題が発生します。

Airbnb曰く
●初日に宿泊したぶんは250ドルを限度に補填する
●二日目以降は別のAirbnbの宿を提供するか、キャンセル扱いで返金

とのこと。
初日のぶんは55ユーロの宿なので問題なしです。
問題なのは、キャンセルでの返金。さすがに展示会当日に予約しているので約1000ユーロと、Aribnbで予約した金額(8万円台)よりも、4万円ほど増えてしまっています。

返金では足がでる。かといってAirbnbから新しい部屋を提供してもらっても、こちらで予約した宿はキャンセル不可なので返金されずもっと負担が大きくなります。

火事によるトラブル、仕事で至急宿の手配が必要なための措置だったので、なんとか追加分の金額をAirbnb側で補填してもらえないか2度ほど問い合わせをしましたが、

2回とも

本件につきましては、前回のメールにてお伝えしたよう予約にて支払われた金額($726 USD / \80,669 JPY)の返金及び30日からの1泊分のホテルの宿泊費の負担が可能です。Satoru 様からの返金内容確認のご連絡を確認次第手続きさせて頂きます。

という同じ回答。とりつく島もないとはまさにこのことですね。
気を利かせて、極力差額が出ないようにキャンセルの効かない安い宿を予約したのが失敗でした……。

ちなみに、火事による部屋の被害については、翌々日には部屋のオーナーから「保険で支払うので、こちら側の負担はないので安心してください」とメッセージが来ています。

加入してきた保険会社にも確認しましたが、もしこちらの責任で支払い請求が来た場合は保険で対応できると言われているので問題ないかなと。

ただ宿代に関しては、保険会社も対象の事案ではないので保険の支払いはできないと言われてしまいました。

まぁ怪我もなく荷物も無事で、IFA取材には支障がなかったのは不幸中の幸い。

とりあえずAirbnbの宿がトラブルで泊まれなかったときは、最初の1泊だけ自前で押えるというのを覚えておこうと思います。本音を言えば、補填して欲しいんですけどねぇ。一応規約では↓のようになっているのはわかったのですが。


ここだけが残念無念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)