ファンキー末吉さんのJASRAC本制作話

ファンキー末吉さんに頼まれていたJASRAC本がやっと完成しました。

本に書いてありますが、「今回の裁判をとおしてのできごとを本にしたい」とファンキーさんから相談受けたのがそもそものきっかけ。

といっても書籍を出してくれそうな編集部にあまりつてはないし、内容が内容だけに出版社も躊躇しそう。なによりファンキーさんが思っていることを好きに書きたいとのことなので、「それではクラウドファンディングで同人誌として出しては?」と提案したわけです。

単純に同人誌を作ったとしても、制作費が回収できるほど販売できるかどうか。そもそもどこで売るのか? などの問題がでてきますが、クラウドファンディングならあらかじめ制作資金を集められるし、同時に販売もできるので何部くらい作れば良いかわかりやすい。

それにファンキーさん自身にたくさんのファンがいるし、JASRACはネットではあまり好かれていないから、クラウドファンディングと相性がいいのでは思ったわけです。

結果としては大成功で、制作に必要な見積もりはだしていましたが、そのラインはしっかりと突破。私の編集費もファンキーさんの原稿料も確保できる感じでプロジェクトを終えられました。

ちなみに印刷は大学ヨット部の先輩OBの会社に、デザインは週アス時代からお世話になっている敏腕Sさんにお願いしました。

ただこの方法で2匹目のドジョウというのは結構厳しいかなと。特に普通の人が本を出そうとしてもダメですね。たぶん支援者が集まらない。万の単位は必要ないですが、数百人のコアなファンが必要だなと。

それと本自体の制作費は思ったほど高くないのですが、その送料が四六判で400ページ超と厚い本になったこともあり意外と高い。今回は同人誌ということで、ISBNコードもないため第3種郵便も使えません。送料がなければもうちょっと本の定価も下げられたんですけどねぇ。

送料を考えると必然的に支援金の最小単価が上がってしまい、一般的な本よりも割高に。そこにお金を出せるのはやはりファンというわけで、名前の売れてない人はこの手法使えないなと。

というわけで、自分の本をこの手法で出そうとは考えないですけど、ある程度名前のある固定ファンのいる人なら行ける感じ。興味のある方、お手伝いしますよw

ちなみにディスクユニオンさんが販売を請け負ってくれたので、クラウドファンディングで買いそびれた方は↓から購入できます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)