カタール航空 PLATINUMへの道 完結とその後

結局細かく書くのは断念してしまいましたが、8月上旬無事にカタール航空PRIVILEGE CLUBのPlatinum(ワンワールド/エメラルド)になりました。いったんGoldで更新してからPlatinumになったほうがQcredit(いわゆるアップグレードポイント)が2回獲得できるんじゃないかと予測してましたがそのとおりで、40Qcredit(Gold)+60Qcredit(Platinum)の合計100Qcreditゲットです。

まぁ年初の改悪でアップグレードに必要なマイルやQcreditも増えたんで、何回もアップグレードできませんが、東京ードーハは片道39Qcredit、ドーハー欧州は片道28Qcreditが必要なので、東京ードーハ片道×1回とドーハー欧州×2回アップグレードできる計算です。

これは空港で直前のアップグレード方法で、ウェブからは乗り継ぎも含めて通しでのアップグレードも可能。しかも必要なマイルやQcreditは分けてアップグレードするより少なくて済むんですが、今回のIFA用の東京ードーハーベルリン便は半年前に買ってGold状態でアップグレードの枠なしで申込み不可。もしかしたらPlatinumになったら枠が増えるかと思ったけど、結局ダメでした。

とりあえず東京ードーハーベルリンでは東京ードーハの往路をQcredit、復路はマイルでアップグレード、ドーハーベルリンは往路だけQcreditでアップグレードしたので、Qクレジットに関してはドーハー欧州のアップグレードがあと1回ぶんだけ残ってます。2月末のバルセロナで使おうかなと。マイルは東京ードーハをアップグレードできるほどは残ってないので、2月までに何度かワンワールド系に乗って貯めておきたいところ。

Platinumになるとエコノミーは自社便は隣席ブロックがあるって話を聞いたのですが、ベルリン→ドーハは隣来ました。ただドアクロ直前最後の最後にやってきた人が座ったので、ギリギリまではブロックしてくれてるのかなぁとか。結局満席だと意味ないですけど。

そのほか復路はドーハ空港のラウンジが混雑してるためか、ビジネスクラスに実際に乗ってないと入れない方のビジネスクラスラウンジに入れてくれました。復路は5時間くらい乗り継ぎ合ったので助かった。往路はステータス向けのファーストクラスラウンジでしたけど。まぁステータス向けのビジネスクラス向けラウンジは下からふたつ目のシルバー(ANAでいうところのブロンズ)でもラウンジは入れるのでかなり混雑するからうれしいんですけどね。

ワンワールドのエメラルドといえば、JALファーストラウンジの寿司! ただカタール航空の成田便は成田最終便に近い時刻なので、カウンターが開く3時間前のチェックインで入らないと寿司バーが終了してしまうので、寿司食えません。今回そのためだけに3時間前に空港行きましたw

というわけでPlatinum(ワンワ/エメ)到達してかつ初のカタール航空搭乗でしたが、うーん無理してお金使って修行して維持するほどのメリットはないかなぁ。空港で「お座席が満席で〜」のご褒美もなかったし。まぁ様子見つつ無理せず届くようならチャレンジかな。ちなみに来年ぶんのGold(ワンワ/サファイヤ)は確定してるしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)