しまぽ通貨不正使用のCARAVAN BLANK 宿名を変えてしれっと営業中

2月に旅人界隈を騒がした、カンボジアのゲストハウスによる、しまぽ通貨不正使用事件。

手口としては↓の記事が詳しいですが、カンボジアのゲストハウスに「無料で宿泊」という餌をまいて、名義を借り不正にしまぽ通貨を購入&使用。差額をポッケナイナイという手口。

不正使用のシステムから考えると、下っ端の従業員が釣り銭をちょろまかすようなものではなく、日本側のCARAVAN JAPAN、大島のCALAVAN FLAKE、そしてカンボジアのCARAVAN BLANKが一体となって関わらないと絶対無理。すくなくとも帳簿はおかしなことになるので、各代表が理解してなければおかしい。

ちなみに日本側の代表取締役 近藤 佑太朗氏は事件後すぐにTwitterアカウントを閉鎖。CARAVAN JAPANの公式サイトで声明をだしてからだんまり。

んで日本側の声明では海外事業撤退なんだけど、現地のカンボジア・シェムリアップではゲストハウスを継続中。名前はCARAVAN BLANKからBLANK Guesthouseに変更して、Booking.comでも予約受け付けてたり。

現地からの情報によると、カンボジア側の代表だった土屋柊一郎氏が買い取って営業を続けてるとのこと。ちなみに一輪車で世界一周してた人ね。事件後はTwitterを鍵アカにしてこちらもだんまりです。

現地で買い取ったから別会社という論理なのかしら? 少なくとも今回の不正使用を現地で管轄してた代表がそのまま買い取って営業してるって変な話かと。意識だけ高い人たちはルールが別なんですかね。

ちなみにしまぽ通貨はこれまで発行したぶんは今日で終了。島を訪れる観光客には好評だったようで、システムを大幅改修して夏頃再開予定とのこと。この大幅改修も今回の事件がなければなかったかもで、余計な税金を使ってるなと。まぁ意識だけ高い子たちのずさんな詐欺に使われるようなシステムだったので、改修は当然かもですが。

なんにせよ、「タダで泊まれる」とかうまい話には必ず裏があるわけで、いくら節約貧乏旅でもこういう話には飛びつかない方がいいですよと。あと、クラウドファンディングで人からお金をあつめて世界一周とかする人には、ろくな人がいないなぁという印象ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)