CES ASIA 2019のワコム基調講演

6月11日~13日まで上海で開催されていたCES ASIA 2019に行ってました。媒体で書いた記事は↓。

んで媒体で記事にはしてないけど、ほかにも取材したり基調講演は聴いていて、そのひとつが「ワコム」。内容としては

●3Dライティングに取り組んでいる
●多くの企業と提携して技術を提供している
●ペンの会社だがその相方として紙も重要

など。基本的にワコムという会社の説明や現在取り組んでいる事業などの説明でした。「和+Computer」でワコムだったのね。

んで印象的なのが、登壇した社長の井出信孝氏。はじめて姿を拝見したのですが、スピーチを聞くとひしひしと「できる人感」が伝わってくる人物。彼と商談したら契約したくなっちゃうし、インタビューしたらおいかけたくなっちゃう印象です。

まったく根拠のない感覚的な話なんだけど、こういうのを感じるために現地へ取材に行ったり、話を聞いたり実物をみたりするんですよねぇ。この理由が解明されれば、現場に行ったり人に会う必要はなくなるんだけど……しばらくは無理そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)