yenma のすべての投稿

私的録音録画補償金は調べるほど深い問題

この取材をしたわけですが、10人以上いる委員のなかで、いちばん気になったのが椎名委員。そうか椎名委員って、10年前から大暴れだったのね。

昨日の小委員会でも、強固な補償金徴収範囲拡大側って感じた。
「無罪放免」発言も椎名委員から飛び出した。

んで椎名委員ってどんな人なのかと思って調べたら、芸団協の常任理事なのね。
ちなみに芸団協はSARAHが集めた私的録音補償金を受け取る3団体のひとつ。

公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
平成30・31(2018・2019)年度役員 

ちなみになんでそうなってるのかよくわからないけど、分配事業に関しては芸団協CPRAってとこがやってて、椎名委員はここの委員でもある。

さらにわからないのは、芸団協CPRAから権利者に支払われるのではなく、一般社団法人演奏家権利処理合同機構MPNってとこに分配して、そこから権利者に支払われる。

でもって、椎名委員はMPNの理事長・事務局長

芸団協は公式サイトから見る限り、2014年以外は赤字決算。
CPRAとMPNは決算の情報なし。芸団協のサイトからみえる決算も収益に著作隣接権事業収益と費用に事業費とあるだけで、ここに私的複製補償金がはいってるかどうか内訳はわからず。

ただ、私的録音補償金関係業務規程の第1条を読む限り、CPRAが処理してるようだ。

そして手数料は20%と規定されている。

さらにMPNの分配についてみてみると、10%から15%って規定されてる。ん?ん?これってCPRAで最大20%の手数料が引かれて、MPNに分配されてさらにMPNから権利者に分配するとき10%~15%手数料が引かれてるってこと??

エンガジェットの記事でも書いたけど、JASRACに分配された補償金が2017年度は約1000万円。JASRACは36%で芸団協は32%だから、芸団協にも1000万円弱が分配されていると思われる。ってことはCPRAに最大200万円の手数料で800万円がMPNに渡り、MPNが権利者に支払うときには約90万円の手数料が引かれ約710万円に。

この金額だけだとあまり響かないけど、17年前は10億円だったのよね。その当時の分配金ならCPRAには2億円、MPNには8000万円の手数料が入るわけだ。

もしこの図式が合っているとすれば、そりゃ必死になって夢よもう一度で私的録音録画補償金を集めるために必死になるよね……。

っていうか、この問題闇深くない? 記事ではJASRACをメインにしたけどさ。レンタルCDとかに補償金をかけて、分配する人を確定させる方式が提案されたとき全力で否定するよね。だって補償金を払う人ともらう人がダイレクトにつながるので、どんぶり勘定で徴収して、分配をコントロールしつつ手数料を複数段階でとるシステムが崩壊しちゃうもんね。

カタール航空 PLATINUMへの道 完結とその後

結局細かく書くのは断念してしまいましたが、8月上旬無事にカタール航空PRIVILEGE CLUBのPlatinum(ワンワールド/エメラルド)になりました。いったんGoldで更新してからPlatinumになったほうがQcredit(いわゆるアップグレードポイント)が2回獲得できるんじゃないかと予測してましたがそのとおりで、40Qcredit(Gold)+60Qcredit(Platinum)の合計100Qcreditゲットです。

まぁ年初の改悪でアップグレードに必要なマイルやQcreditも増えたんで、何回もアップグレードできませんが、東京ードーハは片道39Qcredit、ドーハー欧州は片道28Qcreditが必要なので、東京ードーハ片道×1回とドーハー欧州×2回アップグレードできる計算です。

これは空港で直前のアップグレード方法で、ウェブからは乗り継ぎも含めて通しでのアップグレードも可能。しかも必要なマイルやQcreditは分けてアップグレードするより少なくて済むんですが、今回のIFA用の東京ードーハーベルリン便は半年前に買ってGold状態でアップグレードの枠なしで申込み不可。もしかしたらPlatinumになったら枠が増えるかと思ったけど、結局ダメでした。

とりあえず東京ードーハーベルリンでは東京ードーハの往路をQcredit、復路はマイルでアップグレード、ドーハーベルリンは往路だけQcreditでアップグレードしたので、Qクレジットに関してはドーハー欧州のアップグレードがあと1回ぶんだけ残ってます。2月末のバルセロナで使おうかなと。マイルは東京ードーハをアップグレードできるほどは残ってないので、2月までに何度かワンワールド系に乗って貯めておきたいところ。

Platinumになるとエコノミーは自社便は隣席ブロックがあるって話を聞いたのですが、ベルリン→ドーハは隣来ました。ただドアクロ直前最後の最後にやってきた人が座ったので、ギリギリまではブロックしてくれてるのかなぁとか。結局満席だと意味ないですけど。

そのほか復路はドーハ空港のラウンジが混雑してるためか、ビジネスクラスに実際に乗ってないと入れない方のビジネスクラスラウンジに入れてくれました。復路は5時間くらい乗り継ぎ合ったので助かった。往路はステータス向けのファーストクラスラウンジでしたけど。まぁステータス向けのビジネスクラス向けラウンジは下からふたつ目のシルバー(ANAでいうところのブロンズ)でもラウンジは入れるのでかなり混雑するからうれしいんですけどね。

ワンワールドのエメラルドといえば、JALファーストラウンジの寿司! ただカタール航空の成田便は成田最終便に近い時刻なので、カウンターが開く3時間前のチェックインで入らないと寿司バーが終了してしまうので、寿司食えません。今回そのためだけに3時間前に空港行きましたw

というわけでPlatinum(ワンワ/エメ)到達してかつ初のカタール航空搭乗でしたが、うーん無理してお金使って修行して維持するほどのメリットはないかなぁ。空港で「お座席が満席で〜」のご褒美もなかったし。まぁ様子見つつ無理せず届くようならチャレンジかな。ちなみに来年ぶんのGold(ワンワ/サファイヤ)は確定してるしね。

エアアジアのドンムアン乗り継ぎがおもしろかった

今回のプーケット旅行はエアアジアで成田→ドンムアン→プーケットだったんだけど、動線がほかの空港と違ってちょっとおもしろかった。

まずドンムアンでは降機後、通常の入国審査を目指すのではなく、ずんずんと乗り継ぎ案内にしたがって進む。けっこう人がいなくなるけど気にせず進む。

▲国内線乗り継ぎを目指してひたすら歩く。

すると乗り継ぎカウンターがあってその後ろに入国審査。ここで入国審査。それを越えるとセキュリティーチェックで、国内線ターミナルに入れます。で次のプーケット行きに乗り継げばオーケー。

プーケットに到着してしばらくターミナルを歩くと、乗り継ぎ便できた人はここでピックアップ。係の人についてズンズンと歩きます。なぜなら国内線ターミナルに到着してるから。

国内線ターミナルに到着したけど、わざわざ国際線ターミナルまで移動。預け荷物はドンムアンをスルーしてるので、国際線ターミナルのターンテーブルでピックアップします。

帰国便も似た感じで、プーケット→ドンムアンは国内線なんだけど、国際線ターミナルでチェックイン。プーケットの空港で出国手続きをして国際線ターミナルで待機します。

んで時間になるとやはり搭乗者をピックアップして、国内線ターミナルまでズンズン移動。これがまた結構歩くw。

ドンムアンに到着すると国内線ターミナルなので、やはり係の人が待機してて乗り継ぎ便利用者をピックアップ。ズンズンと係の人についていきます。

▲プレートには搭乗者の名前があって、集まると「ついてきて」って言われる

で、やはり乗り継ぎカウンターがあって搭乗券をチェック。往路と違ってすでにイミグレーションは通過してるので、セキュリティーだけ受けて、そのまま国際線ターミナルに移動します。

▲乗り継ぎ用のカウンターがある

ちなみに乗り継ぎ利用者にはシールが配られて、ペタッと貼っておくので、それを観て係の人も判断してます。

▲乗り継ぎ利用者に配られるシール

まぁ乗り継ぎでワサワサ歩くのは良くあることだけど、動線上に必ず人がいて結構厳重にピックアップするのはおもしろいなと。

往路は税関を通すために国際線ターミナルに行かせるわけだし、復路は出国した人がバンコクで降りないように厳重にチェックってのはよくわかるんですけどね。

「Booking.com Cafe」に行ってきたけど、クーポンはハードル高い

「Booking.com Cafe」に行ってきました。

表参道のシャレオツな屋台村の中にあります。

お目当ては3000円クーポンなので、クーポンだけもらって退散。

ただこのクーポンも使用条件があって、支払い1万2000円以上なのはいいとしても、使用期間が8月1日までなのよね。

9月前半までの宿は予約しちゃってるし、8月も長期で出かける予定はない。9月以降も8月1日以降じゃないと全然予定たたないし。

なのでクーポンは使う機会ないかも。

あっ友だち紹介で2000円キャッシュバックはまだやってるので、リンク貼っておきますw

https://www.booking.com/s/34_6/82a1422b

Synologyがちょっとおもしろそうだった

COMPUTEX TAIPEI 2018にあわせて、Synologyが別会場で新製品の展示をしてたんだけど、SynologyのNASいいね。昨年末にサーバーとんで、あわてて入れ替えたからDroboにしたんだけど、Synologyのほうがいろいろできそうと言うか、昔のWindows Home Serverみたいで楽しそう。Droboにしてちょっと失敗したかなぁと。

たとえば、ため込んだ写真をAIで分析して自動でフォルダー別けとか、Alexa対応でため込んだ音楽ファイルを再生(日本語はまだ対応してないけど)とか。

メッシュルーターもSynologyの統一インターフェースだし、子供向けに「何時から何時はSNSとゲームはダメ」なんて設定もできるのねw

スライドショーには JavaScript が必要です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

カタール航空 PLATINUMへの道 その5

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)を目指そうというチャレンジ。伊丹往復の特割が意外と安く残ってたので修行。

●羽田→伊丹(クラスJ/特割-C):11890円/10Qpoint
Qpoint単価:約1189円Qpoint
●伊丹→羽田(クラスJ/特割-C):11290円/10Qpoint
Qpoint単価:約1129円/Qpoint

那覇の単価1000円切りにはかなわないけど、まぁまぁのコストパフォーマンス。

ただ全体のポイントは去年のMWCの帰国やらそのあとの沖縄やらのポイントが消滅して、409Qpoint。先は長い……

カタール航空 PLATINUMへの道 その4

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)を目指そうというチャレンジ。バルセロナからの帰国便です。

ちょっと家庭の事情があり帰国日を前倒し。チケットは有料で変更可能なブッキングクラスでしたが、変更したチケットの価格(ブッキングクラス)が違うとその差額も必要。なので往路にプラスして8万1400円。最初に買った往復よりも高い(泣)。

●ミラノ→ドーハ→成田(エコノミー/クラスB):11万7135円/25(ミラノ→ドーハ)+30(ドーハ→成田)=55Qpoint
Qpoint単価:約2129円/Qpoint

ブッキングクラスが上がったので、付与ポイントも多くなったけど、単価で見るとやはり悪い。しかもアップグレードに必要なマイル数も減ったので2レグともビジネスクラスにしようと思ったら、ドーハ→成田は満席でダメ。残念無念です。

これで441Qpoint。結構増えたように見えるけど、去年のバルセロナ帰国が3月4日、5日なので、そのぶんは消滅してしまうから、実質410Qpointぐらいかな。

カタール航空 PLATINUMへの道 その3

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)が目指そうというチャレンジ。実はその2のバルセロナ往路の前にJALで沖縄修行に行ってました。ただJAL国内線だとカタール航空に登録されるのが約1週間後ということで前後してます。

●羽田→那覇(普通/特割-E)/10Qpoint
●那覇→伊丹(クラスJ/特割-E)/10Qpoint
●伊丹→羽田(普通/特割-C)/8Qpoint
合計:3万4880円/28Qpoint
Qpoint単価:約1245円/Qpoint

うーん、それぞれ個別の料金メモっておくの忘れた。
全体の単価は羽田‐中部よりは良い感じか。

で現在トータル386Qpoint。

カタール航空 PLATINUMへの道 その2

カタール航空のPlatinum(ワンワールド・エメラルド)が目指そうというチャレンジし。毎年恒例のMWC取材でバルセロナへ。ただしドーハ=バルセロナ便はちょっと高かったので、成田=ドーハ=ミラノというルート。

とりあえず往路のポイントがついたので計算。往復で7万1470円。片道分と言うことで半額の3万5735円で計算。

●成田→ドーハ→ミラノ(エコノミー/クラスN):3万5735円/20(成田→ドーハ)+16(ドーハ→ミラノ)=36Qpoint
Qpoint単価:約992円/Qpoint

手軽な羽田=中部よりも単価はよく、やはり欧州に飛ぶのが効率良いなぁ。

というわけで、現在は358Qpoint。前回の345Qpointから13Qpointアップ。なんで32Qpointじゃないのかというと、去年のMWCで飛んだぶんが1年経って失効してるから。ただし去年はもっと下のブッキングクラスで飛んでいるので、Qpointも少なかったため微増というわけです。

ちなみにミラノ=バルセロナはワンワールド所属のIberiaで取ったのですが、Vueling運行の共同運行便だったのでステータスの優遇もなくポイントもつかず、さらに荷物オーバーで60ユーロも払いました……

ファンキー末吉さんのJASRAC本制作話

ファンキー末吉さんに頼まれていたJASRAC本がやっと完成しました。

本に書いてありますが、「今回の裁判をとおしてのできごとを本にしたい」とファンキーさんから相談受けたのがそもそものきっかけ。

といっても書籍を出してくれそうな編集部にあまりつてはないし、内容が内容だけに出版社も躊躇しそう。なによりファンキーさんが思っていることを好きに書きたいとのことなので、「それではクラウドファンディングで同人誌として出しては?」と提案したわけです。

単純に同人誌を作ったとしても、制作費が回収できるほど販売できるかどうか。そもそもどこで売るのか? などの問題がでてきますが、クラウドファンディングならあらかじめ制作資金を集められるし、同時に販売もできるので何部くらい作れば良いかわかりやすい。

それにファンキーさん自身にたくさんのファンがいるし、JASRACはネットではあまり好かれていないから、クラウドファンディングと相性がいいのでは思ったわけです。

結果としては大成功で、制作に必要な見積もりはだしていましたが、そのラインはしっかりと突破。私の編集費もファンキーさんの原稿料も確保できる感じでプロジェクトを終えられました。

ちなみに印刷は大学ヨット部の先輩OBの会社に、デザインは週アス時代からお世話になっている敏腕Sさんにお願いしました。

ただこの方法で2匹目のドジョウというのは結構厳しいかなと。特に普通の人が本を出そうとしてもダメですね。たぶん支援者が集まらない。万の単位は必要ないですが、数百人のコアなファンが必要だなと。

それと本自体の制作費は思ったほど高くないのですが、その送料が四六判で400ページ超と厚い本になったこともあり意外と高い。今回は同人誌ということで、ISBNコードもないため第3種郵便も使えません。送料がなければもうちょっと本の定価も下げられたんですけどねぇ。

送料を考えると必然的に支援金の最小単価が上がってしまい、一般的な本よりも割高に。そこにお金を出せるのはやはりファンというわけで、名前の売れてない人はこの手法使えないなと。

というわけで、自分の本をこの手法で出そうとは考えないですけど、ある程度名前のある固定ファンのいる人なら行ける感じ。興味のある方、お手伝いしますよw

ちなみにディスクユニオンさんが販売を請け負ってくれたので、クラウドファンディングで買いそびれた方は↓から購入できます〜